映像と音楽 > 小形 真奈美  プロフィール

5歳よりヴァイオリンをはじめる。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学を卒業。2007年、洗足学園音楽大学大学院を首席で卒業。グランプリを授与される。
第14回、第16回かながわ音楽コンクール入賞。第2回ヨコハマ ザハール・ブロン ヴァイオリンセミナー受講。第6回江藤俊哉ヴァイオリンコンクールにて第1位受賞。同年、東京交響楽団と共演。第4回大阪国際音楽コンクールにてエスポワール賞受賞。プロジェクトQ・第4章でクァルテット・フォンターナで参加、第1ヴァイオリンを務める。
ソロ演奏をはじめ、室内楽やオーケストラなどで幅広く活動している。エストレーラ弦楽四重奏団を結成、各地で演奏会を行う。国内、海外問わず、数々の講習会に参加、選抜者による修了演奏会などに出演、また奨学金などを得る。これまでに、繁桝百合子、霜佐紀子、ザハール・ブロン、ヨハネス・マイッスル、ライナー・キュッヒルに、現在、梅津南美子、梅津美葉両氏に師事。

to page top