楽典解説 > 音階(おんかい)  p.8

音階での各音の名称

音階のそれぞれの音には、音階上での機能を表す名称が付けられています。これまでに音階の開始音を「主音」といい、主音の短2度下の音を 「導音」 ということを学びましたが、その他の名称についても触れておきましょう。

Do を主音とする長音階

主音

上主音

中音

下属音

属音

下中音

導音

主音

音階上での名称は相対的です。そのため、調が変われば「主音」などの音の高さも変わります。

下に Sol を主音とする長音階での例を記します。

Sol を主音とする長音階

主音

上主音

中音

下属音

属音

下中音

導音

主音

次に短音階での名称を見てみましょう。ハ長調と比較しやすいように、ハ短調を例に挙げます。

Do を主音とする自然短音階

主音

上主音

中音

下属音

属音

下中音

※1

主音

※1 自然短音階は主音とその2度下の音が長2度であるため、導音とは呼びません。その場合の呼び名は共通化されていませんが、「自然導音」や「下主音」などが聞かれます。

Do を主音とする和声短音階

主音

上主音

中音

下属音

属音

下中音

導音

主音

Do を主音とする旋律短音階(上行形)

主音

上主音

中音

下属音

属音

下中音

導音

主音

読みの一覧

主音

しゅおん

上主音

じょうしゅおん

中音

ちゅうおん

下属音

かぞくおん

属音

ぞくおん

下中音

かちゅうおん

導音

どうおん

自然導音

しぜんどうおん

下主音

かしゅおん

豆知識

・属音とは主音の5度上にある音をいい、下属音とは主音の5度下にある音をいいます。

・中音とは主音と属音の中間に存在するために、その名称が付けられました。

・下中音とは主音と下属音の中間に存在するために、その名称が付けられました。

・中音のことを、下中音と区別して上中音ということもあります。

・属音のことを、下属音と区別して上属音ということもあります。(実際にはあまり聞きません)

to page top